めしゆき

それっぽいものが食べたいじゃないですかー

失敗コーンパン

f:id:awayukinet:20150913135127j:plain

パンの体裁になってよかった…。

コーンパンを焼きました。お友達が作っていたのを見て羨ましくなって。

子どもの頃からドンクのコーンパンが好きで。あれに近いものが自分で作れるなんて、それはたいそう素敵なことでは…!と、軽い気持ちで。

 

その軽い気持ちが命取りでした。

缶詰のコーンの汁を切って使ったとだけ聞いて、あとは何も調べもせずにやってしまいました。くるみとレーズンを混ぜたときのように、こね終わった生地にコーンを練りこめばいいんだなと高を括っていました。

 

しかし、そこに待っていたのは…

 

コーン、滑る滑る。

ぜんぜん練り込めません。明らかに缶汁の切り方が甘かったようです。

 

そうこうしているうちに生地の表面がネチャネチャと。ネチャネチャしてもなお練り込めない。

 

うわぁこのままだと生地ごとダメになっちゃう、なんとかしないと!

でもなんとかって!

片手ほどの回数もパンを作ったがことない人間にどうしろって!

 

とりあえず水分をなんとかするしかないと、目の前の不気味な生地に小麦粉を少しふりかけ、混ぜきれずにボウルに残るコーンにも小麦粉をまぶし、無理くりひとまとめにしました。意に沿わない混ぜ込まれ方をしたパン生地はいびつで、見るも無残なことに。

それでもなんとか発酵してくれて、とりあえずパンの体裁になってくれた生地やイースト菌にはありがとう以外の言葉が浮かびません。

 

f:id:awayukinet:20150913140200j:plain

コーンにも悪かった。謝りたい。

 

f:id:awayukinet:20150913140348j:plain

最終的になんとかパンとして食べられるものにはなりました。焦ってまとめこんだのでコーンは若干偏り気味ですが…。

食い意地の張った自分にとっては食材を無駄にすることなどもっての他なので、なんとかなってくれて本当によかった。

 

味も、存外コーンパンらしい雰囲気になってくれました。しかし、これはもう一度心を入れ替えてリベンジしたいところです。

 

教訓。

缶汁はとにかくしっかり切ること。キッチンペーパーで十分すぎるほど押さえていいようです。あるいは薄く粉をまぶしておくとか、軽く煎りつけておいてもいいのかも。

そして、混ぜるときは生地を広げて真ん中にコーンを置いて、包み込むようにして練り込んでいったほうがよいみたい。

最後に、初めてやることは面倒臭がらずに事前にきちんと下調べしておくこと。

 

反省します。